■ 尾崎魔弓選手 インタビュー

博多で生まれた尾崎のスタイル「女の恨み、つらみ」

記者 男女合わせて「プロレス」が、客足伸びてきているみたいですね。
尾崎

そうかな(笑)確かにネットとかで会場の写真が載っていると、結構(お客さん)入っている感じがする団体は多くなったよね。

記者

尾崎さんが経営する OZ アカデミーは、どんな感じなのでしょうか?

尾崎 毎回必死だよ(笑)楽になんかならならいよ、馬鹿野郎!
記者

OZ アカデミーは今年、地方興行や初進出の地域が次々と発表となっていますね。

尾崎

毎年同じ事を続けていく大切さもあるけれど、それじゃ進化はしないからね。今年は大場所の後楽園ホール大会とかも時期が例年と違うんだよね。リスクもあるけどそのあたりは楽しみも多いかな。また新しい定着サイクルみたいのが出来たらいいんだけどね。

記者

春先に行われた「横浜港 大さん橋ホール」や「仙台 Rensa 」等は女子ならず、プロレスそのものが初進出をした会場と聞いています。

尾崎
このあたりは正直フロントの努力もあるかな。プロレスというだけで貸してくれない会場が多くなって来たからね、器物破損やイメージ的な偏見みたいのもあるし、今まで名勝負を生んできた想い出深い会場までもが次々と「使用禁止」になっているのも事実だからね。だから、最近の初進出は大変だよ。貸す側も心配事が沢山あるようだからさ、企画書だの覚書だの(笑)
ただ、そこでまた新しいファンが増えたり、関係者がつながってくる事によって良い点もある。この労力を惜しんだらドンドン老朽化してしまうから常に挑戦を仕掛けて行きたいね。
記者
さて、この夏は南の格闘聖地と呼ばれている「博多スターレーン」に進出が決まりましたが。
尾崎
来たね〜(笑)と、同時にもう緊張してるよ(笑)昔みたいに全国をバスで巡業しながら回るわけじゃないから、飛行機移動とかプロモーションの問題とかで中々踏み込めなかった会場だけどね。
記者

尾崎さんがこだわった会場なのですよね。

尾崎

多分、プロレス関係者誰もが「日本一沸く会場」として想い出が沢山あるんじゃないかな。会場独特の天井の高さがいい反響音を導くから迫力も加速する感じ。でも、博多の人って楽しみ方が上手というか、なんかこっちまで嬉しくなる雰囲気がある。

記者
そういえば、何かできいたのですが、尾崎さんのトレードマークとなっている「チェーン」は博多で生まれたのですよね。
尾崎
そう!今の尾崎の原型を作った会場が博多スターレーンなわけよ。今のデスマッチスタイルというか、ドレスアップワイルドファイトを最初にやったのが博多スターレーン。私服でリングにあがるなんて当時は誰も想像もしなかったけど、博多の雰囲気がそう仕向けたというか。ルールの「凶器使用可能」なんて馬鹿なルールもここでは「有り」だったわけよ。だから、試合の前日に博多の商店街を一日かけて探索して、あのチェーンを見つけたわけ、凶器にね(笑)
記者
今もそのチェーンを使っているのですよね。
尾崎

そう、もう 10 年くらいたつのかしら?

記者
今、ネットで検索しました所 14 年前みたいですね。
尾崎
あんた、そこまで検索したんだったらその続きもみなさいよ。
記者
あ!尾崎魔弓、博多で鼻骨骨折。長期欠場とあります。
尾崎
そう!相手はダイナマイト関西。もうこの世の誰も覚えていなくても私はあの恨みは忘れないよ。あのデブ、工事現場で使う「安全靴」を試合に履いてきたわけよ。そんなの見かけはただのスニーカーみないじゃない。あの鉄の入った靴で思いっきり人の顔を蹴りやがった!そしたら頭の中までコントのように星が回り出してさ。鼻って痛いのなんのって。

記者

場外乱闘がエスカレートして、博多駅にむかう公道で警察出動か?とあります(笑)

尾崎

なんか、エスカレートしていたら目の前にタクシーが止まってして、あ、外まで出ちゃったみたいな(笑)

記者

14年かけたこの恨みを返しにいくのですか。

尾崎

勿論。でも返しに来なさいよって感じだよね。

記者

同じ試合をやるのですか?

尾崎

まあ、まだ時間もあるしそこまで待つ必要もないんだけど、あのデブ(ダイナマイト関西)が現役でいる以上、やれる事はやりますよ。闘う事に理由なんていらないけど、尾崎のしつこさを改めてわからす良い機会だよね。

記者

カッコいいですよね、相変わらず。

尾崎

ようやく気が付きましたか(笑)やるなら博多はストリートファイトとか、なんか尾崎の原点に戻れるような試合がいいな、うん。

記者

やって下さいよ、みんな待っていますよ。

尾崎

最近さあ、あんまり喰ってかかってくる奴が少なくなったから退屈なんだよね。でも、なんかこうして振り返ったらあのデブに急に腹立ってきたね!あの屈辱は返さないといけないよね。しつこいかな、私?

記者

いや、それも尾崎さんですから

尾崎

多分、博多の人は今のOZも尾崎も知らないから、今の尾崎を堪能させてあ〜げましょうか ( 笑 )

記者 期待しています。
.
Copyright ©2006 OZACADEMY. All rights reserved.