■加藤選手・里村選手のマイクアピールについて

2007/07/14 OZアカデミー新宿大会において発言

「OZアカデミー7.14新宿大会」におきまして、試合終了時に尾崎選手が加藤選手に対し、2007/8/16のOZ後楽園ホールの試合条件を提示しました。これに対し加藤選手が「センダイガールズプロレスリング」の里村選手をタッグパートナーに指名し受諾した終止ですが、GAORA様の編集の都合上、一部の内容が未放送となっております。ファンの皆様の要望が多いため、マイクアピールを掲載させていただきます。

※ 一部、下記内容が都合上、削除されておりますのでご了承ください。

尾 崎
加藤やったじゃん! ※お客様からも「おめでとう!」の声
お前、調子戻って来ているよ(笑顔)!もう大丈夫(笑)!
よくやった…!(握手を求めに近づく)

なんて言うか!ボケー!!(加藤に蹴り)


加 藤 唖然…

尾 崎
お前よ!佐藤、永島のもとタッグに対してグチャグチャ文句言っているんだってな?
お前こそ里村がいなきゃ駄目人間だったじゃん!
その里村とタッグを組めよ!里村がOKすればの話だけどな。8月16日の後楽園。おいシュガーお前やるよな?


佐 藤  
※クビを大きく縦に振る
   
尾 崎
この、対戦相手をあけとくよ! 返事はすぐにな!

待てねーよ。 まぁ〜、里村を口説ければ…の話だけどな。


加 藤 (控え室に向かって)里村!!里村!! そこにいるんだろう!今の話聞いてただろう。出てきてくれ、里村、頼む。

※里村、奥田、控え室から登場

今の話、聞いてただろう。尾崎はすぐに返事を出せっていった。私もすぐに聞かせて欲しい。私は、もう1回リングに戻る為に6年間治療して来た。そして、もう1回。里村と組んで、永島、シュガーと試合をやりたかった。

だけど…私が復帰して戻ってきた時には、佐藤はいなかった。引退して…。それが、唯一心残りで。頼む!もう1回。もう1回タッグを組んで欲しい。

もし、もし…里村が答えがNOなら、私は8月のOZの後楽園。辞退します。もう1回組んでくれ。お願いします!!


里 村
シュガーが復帰して、加藤が私とタッグを組んで戦いたいと言う気持ちは理解します。 でも命がけで戦えますか?

シュガーが復帰することも加藤が私とタッグを組むこともそれぐらいの気持ちならやりますけど私は今、リングにたっているのは新しい団体としてセンダイガールズの里村としてリングに立っていますので、そんな昔のことはどうでも良いと思うんですね。

あまりにも見ている先が違う!

私は命がけでセンダイガールズ旗揚げして1年間守ってきました。命がけでリングにたっていますけどシュガーが復帰するならば、その体でリングに上がれますかってことです。同じリングに立つには、あまりにもスタンスが違いすぎますので、私は、私のスタンスでいかせていただきます。


それだけ!

来週、仙台で1周年記念の大会がありますけど1回「セン女」の試合を皆さん一度、観に来てください。加藤が見ているところと私が見ているところまったく違うんだってところを多分わかると思います。

8月16日、タッグは組けど、それなりの覚悟で同じリングに立ってください!

それだけです!

   
※タッグ受諾の瞬間、加藤選手、里村選手は固い握手

OZアカデミー事務局

.
Copyright ©2006 OZACADEMY. All rights reserved.