■豊田真奈美・改名及び尾崎軍団入りについて

OZアカデミー事務局緊急発表


ファンの皆様及び関係者各位に上記タイトルにつきましてご説明いたします。

8/10に後楽園ホールで開催された「プラムの花咲くOZの国2008T」の第5試合、アジャコング対豊田真奈美戦におきましてお互いの名前を賭けた「改名シングルマッチ」を行いました。このシングルマッチのルール中に「 両選手はそれぞれ名前をかけて勝負する。敗者は自らのレスラー人生を刻み込んだリングネームを捨てる」という取り決めの中、行われました試合でアジャコング選手が勝利し、豊田選手は改名を迫られました。

事務局といたしましては、お互い長年にわたり使用してきたリングネームの重要性は理解しているため、両選手に試合前から妥協点はないか話し合いをしておりましたが、両者プライドをかけて闘うので妥協は一切しないという姿勢を変えることなく当日を迎え、両者、力の限り死闘を繰り広げ、豊田選手が負けるという結果になりました。

豊田真奈美選手もレスラー人生で一度も改名することなく歩んできたリングネームを失うショックのあまりリング上で放心状態となり暫くしてからリング上を去るという状況でした。

事務局といたしましては、精神上の問題からあえて豊田選手の改名に対しアクションは起こしておりませんでしたが、豊田選手より「大阪で区切りをつける」とだけ報告がありました。事務局といたしましては、ダイナマイト関西選手の問題もあり、豊田選手に一任する形で静観しておりました。

大阪大会におきまして豊田選手は、ジャングルジャック21の松本浩代と対戦を行い豊田選手勝利後、尾崎軍団が乱入、尾崎軍団とともに負けた松本選手に暴行を加えアジャコング選手に「腐れ外道に改名しろ」と言われたのち、「改名でも何でもしてやるよ」とリングを立ち去りました。その後、事務局といたしましては、豊田選手に対し試合後の行為について厳重注意を与えました。

その、豊田選手より昨夜、OZアカデミー事務所に連絡があり、リングネームを「豊
田魔波」に改名する点と、尾崎軍団入りを正式に申し込むと連絡がありました。

この件に関し、尾崎選手に確認をしたところ「魔波が、そう言ってるんだったらいいんじゃん。アジャ、ブっ潰してやるよ!ついでに弱虫関西も敵じゃねーよ。バーカ!でも魔波も私の魔をつけるなんてセンスいいね。それとやっぱ、私が校長じゃないとOZは駄目だね!」と発言しました。

アジャコング選手にもこの事実を告げると「奴がなんと名乗ろうが、自分の中では腐れ外道でしかない。尾崎と組もうがなにしようがしったこっちゃないけど、腐れ外道が何匹集まったところで、こっちとしては徹底的に叩き潰すだけだから。」と発言しました。

この件に関し、事務局といたしましては、豊田選手が改名すること、尾崎軍団に入ることに関しましては、当初のルールとどのユニットにも所属していないため、認めることといたしました。

皆様には、ご心配をおかけいたしますが、よろしくご理解いただけますようよろしくお願いします。

OZアカデミー事務局
.
Copyright ©2006 OZACADEMY. All rights reserved.