■11.24 OZ大阪大会での第六試合終了後の発言につきまして

11.24 アゼリア大正大会でのKAORU選手及び尾崎選手の発言につきまして
第6試合終了後KAOR選手が「決勝に進めなかったウサ晴らしがしたいから、関西とシングルやらせてよ」と尾崎魔弓に申し出。 正規軍に「(ダイナマイト)関西を呼んで来いよ!」とシングル戦を要求致しました。 事務局といたしましては、関西選手の状態等を考慮し正規軍メンバーと相談し、ダイナマイト関西選手に対しKAORU選手の申し出を伝えました。
 

また、尾崎選手にコメントを求めたところ「どうせKAORUが勝つんだから、やらせれば!でも関西の奴、怖がってリングに上がらないかもよ!わたしゃ、それより永島を潰す作戦を考えなきゃいけないんだから!」とコメントいたしました。

事務局といたしましては、ダイナマイト関西選手の気持ちを確認し本人の意向次第では、12月14日新宿FACE大会で復帰試合を実現させたいと考えております。

ファンの皆様には、ご心配をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。



9月より開催いたしましたリーグ戦が終了し、12/14新宿FACEで行われる決勝戦 は、尾崎魔弓 vs 永島千佳世 の対戦となりました。

しかし、このリーグ戦には最初から全選手了承のもと、「決勝戦のルールは尾崎魔弓 が追って発表する」1つの条件が付いておりました。

永島「おい!尾崎!お前どうせ1人じゃ何も出来ねえんだろう!凶器使って、大勢 (セコンド)付けて。そうしないと勝てねーんだろ!」 と挑発

尾崎選手ですが、笑みを浮かべながら言い返しました。

尾崎「凶器なしでも、この華のある選手(尾崎軍団セコンド)を使わなくても、私勝てるの 」

これは尾崎選手からの「クリーンファイト宣言」と解釈し、12/14新宿大会で行われる決勝戦は申し出の通り下記といたしました。

■セコンドの介入をさせない
■凶器を一切使用しない

を条件とした、清々堂々とした正式ルールで試合を行う事で事務局も合意いたしまし た。 ファンの皆様には両選手に盛大なる応援をよろしくお願いいたします。
.
Copyright ©2006 OZACADEMY. All rights reserved.