■尾崎選手及び悲恋選手の行動につきまして

3.9新宿大会での尾崎選手の発言について

3/9のOZ新宿大会におきまして、突然第5試合中に照明の電源が落ち、尾崎選手をはじめとする西尾選手、ポリスが立ち入り禁止にもかかわらず乱入し、リングに上がり試合を混乱させ、また悲恋選手をサポートして、強引に天野選手からカウントを取らせた行為につきまして運営側事務局といたしましては、大変遺憾に思っております。もちろんこの試合は、無効試合といたしました。
悲恋選手は、永島選手の申し出により仙台ガールズロレスリング様からOZアカデミーへの参戦が、決まりこれから永島選手の下で修行が始まると言う時期に、永島選手を結果的には裏切り尾崎選手と行動を共にし尾崎選手の下でヒールとして修行すると言うとりきめが水面下で行われいた事実が判明いたしました。
事務局といたしましては、この事態に対処すべく事実関係を確認しておりますが、現在のところ事実関係が、一切不明のまま、そして尾崎選手が話し合いに応じないため、ファンの皆様にはご報告が遅れております。
取り急ぎ、新宿大会での出来事に関しましてホームページにご報告いたします。事の次第は下記のとおりです。


永島選手が天野選手からカウント取ろうと押さえ込んだ瞬間、タッグパートナーである永島選手に対して悲恋選手が蹴りを食らわせた瞬間、場内が唖然としていると照明が突然落ちた。

【場内騒然】

暗闇の中からポリスの「コラぁ〜」と絶叫。

【場内から怒号が飛び交う】

暗闇の中、フラッシュに浮かび上がるリング上の尾崎選手。サポートについていた選手達が激しく事態を把握しようと動き回る。暗闇の中で永島選手と関西選手が手錠でコーナーポストに括り付けられ、そんな中、照明が戻ると尾崎選手、悲恋選手、ポリスが天野選手をリング上で袋叩きに、その後、尾崎選手がサポートして屈辱的な片足で天野選手を踏み潰し悲恋選手が3カウント。
【場内から怒号が飛び交う】

ポリス「うっせーんだよ!コラ!!ざま見ろコラ!調子のってからだよ!」

※尾崎選手、伊東レフリーにを投げ飛ばす。

尾崎「おい!永島!この状況なんだかわかる?説明しようか?私と悲恋は前から話が出来てたの。」

永島「(絶叫しながら)てめーが取ったんだろ!」


尾崎「取ってねーよ。こいつは頭がいいから、どっちについたら特か、ちゃんとわかって考えてきたんだよ!おめーなんかよ、悲恋育てるとか言ってるけどよ!お前の器じゃ無理だろ!私が育てたほうが早いんだよ!なぁ〜悲恋、お前デビューして初勝利だよな?」

悲恋「はい!」

尾崎「ほら結果が出たじゃねーかよ! 」

【場内からは怒号が飛び交う】

尾崎「お前らにも言うけどな、私はただの乱入じゃないんだよ!今日は、悲恋を迎えに来たの。そういうこと」

【お客様から、野次で「さようなら」】

尾崎「はい、さようなら!」

【尾崎選手達が悲恋を連れて退場しようとしたら】

永島「ちょっとまて!!それじゃあたしの気がすまないんだよ!おい、悲恋!!お前、騙されてるぞ!戻ってくるなら今だよ!」

悲恋 「戻りません!」

永島「次の試合、お前ら2人とやってやるよ!天野お前も、こんなんじゃ納得いかないよな!おい、あいつら次の試合でぶっ潰そうぜ!」



尾崎「悲恋がやるってさ!やってやるよ。それから天野・・・。おめーよ!私は校長辞めたよ確かにだけどよ。おめーが新校長なんて認めてないんだよ!!勝手に新校長なんて言ってんじゃねーぞコラ!」


【アジャ、リング外から、ちゃかす】

天野「お前らよ!ナンだ、ベルトだ、校長だ、ガチャガチャ言ってんだったらよ、全部掛けて3WAYでやってやるよ!」

アジャ「(中略)ベルトなんて一言も言って無いじゃん、俺は君達が校長だからナンかんだだってわけのわからないことじゃなくてもっと面白いことしてやる。(略)」

天野「おい、尾崎おめーも逃げんのかよ!」

尾崎「逃げるわけ無いだろ!私が!!やってやるよ!お前ベルトと校長掛けるんだな!」

天野「何でも掛けてやるよ!」

尾崎「何でも・・・。」

天野「何でも掛けてやるよ!」


尾崎「やってやるよ!じゃー!」

天野「お前、後悔すんじゃねーよ!」

尾崎「誰が後悔すんだよ、おめーに負けるくらいなら土下座してやら!」

天野「お前その言葉、忘れんなよ!とっとと帰れこの野郎!」

尾崎「はい、帰りますよぉ〜。」

天野「今日は、あの人たちを入れてしまった自分は、甘かったかも知れません。でも、校長とベルトはあのずるい、あの尾崎に絶対に渡すわけにはいきません!尾崎、次は有明だ!!絶対に後悔させてやるからな!覚えとけ!言ったことを忘れんなよ!土下座させてやる!」

.
Copyright ©2006 OZACADEMY. All rights reserved.